アルピナウォーター 注文

赤ちゃんにも安心なお水を低価格で!

 

食の安全や熱中症リスクが問題視されている現代で、飲料水が果たす役割はとても重要だと言われています。

 

 

ミネラルウォーターをペットボトルで購入して利用している方も多いのではないかと思いますが、小さなお子さんがいる家庭ではこのミネラルウォーターに含まれているミネラルには十分な注意が必要です。

 

 

ミネラルウォーターの「ミネラル」とは鉱物成分のことで、主にマグネシウムの含有量がミネラルウォーターの質を左右します。

 

 

マグネシウムは健康に欠かせない成分ですが、含有量の多い「硬水」には独特の風味があり、また過剰摂取は腎臓に負担をかけるため、赤ちゃんの粉ミルク用の水としては不適切とされているのです。

 

 

今回紹介する「アルピナウォーター」は赤ちゃんでも安心して飲めるウォーターサーバーで、ペットボトルのミネラルウォーターと比べてもコストパフォーマンスに優れています。

 

ピュアな水をお届けするRO濾過システムとは?

 

「アルピナウォーター」は北アルプスの湧き水を“利用”しています。

 

 

もともと欧米に比べ日本の水は鉱物成分が少ない「軟水」といって口当たりも柔らかで飲み易いのですが、その天然水をさらにRO濾過システムというフィルターにかけ、限りなく純水(ミネラル分の低い水のこと)に近づけているため、赤ちゃんでも安心して飲む事ができるのです。

 

 

さらに使用している北アルプスの湧き水はそもそも雪解け水が北アルプスの岩山によって自然に濾過された非常に純度の高い軟水です。源水はそのまま飲んでも素晴らしい名水としても親しまれています。

 

 

そしてRO濾過システムとはアメリカ航空宇宙局(NASA)が開発した濾過システムで、水を何重にも濾過して分子レベルまで磨き上げます。この結果硬度が1.05というほぼ純水に近い超軟水として誕生しました。

 

 

この濾過システムのおかげで不純物や汚染物質などは極限まで取り除かれています。

 

 

 

ISO22000を取得した工場でボトリングしています

安全性はRO濾過システムだけではありません。

 

 

食品の安全性を生産過程で厳しくチェックする国際的な安全基準であるISO22000を取得した安全性の高い工場でボトリングしています。

 

 

また日常的に使うお水として一つのサーバーで冷水(約5℃)と温水(約85℃)とが同時に使えますので、料理の時間も短縮する事ができますし、くつろぎのティータイムもお湯を沸かす事なくいつでも楽しんでいただく事が可能です。

 

 

また授乳期の赤ちゃんの場合、夜中の授乳も手間が省けてお母さんのストレスを軽減してくれる事でしょう。

 

 

これだけ利便性と安全性が高いウォーターサーバーが業界でも破格の値段で利用出来る今がチャンスです!「アルピナウォーター」をぜひお見逃しなく!

 

>>アルピナウォーター公式サイトはこちらから<<